2012年02月02日

NetHack tty TrueType Tile Font

前回前々回の記事で、NetHackの12x12と16x16のタイル風フォントを使う方法を書きましたが、幾つかの不満を解決すべくアレンジしたフォントを作成しました。(フォントはこの記事の下の方からダウンロード可能です。)

nh-tty-tilettf


どうでしょうか。幅を抑えて自然なバランスになるようにしてみました。さらにアウトラインフォントにしたのでフォントサイズの調整が出来ます。とはいえ基本的な部分は10x16pixelでデザインしているので、小さすぎると潰れてしまうし、大きくし過ぎてもいい加減に作成したボロが出るので、できるだけ見やすいサイズに調整して使うことをおすすめします。JNetHackのスクリーンショットも置いておきます。

jnh-tty-filettf1

jnh-tty-tilettf2

作成したフォントは欧文フォントなので適当な日本語フォントと組み合わせることになりますが、少し文字の間隔が開いているものの、それほど違和感なく読めるのではないでしょうか。一応、このフォントは次のような特徴があります。

  • NetHackに特化してタイル風のグリフを表示できる
  • アウトラインフォントなので好みのサイズで表示できる
  • ASCII部分はタイルに置き換えていないため、最低限の端末の使用にも耐えられる
  • JNetHackで使うための端末はmltermに限定されない
  • Leon ArnottさんのColoured Walls and Floorパッチcolours of monster glyphsパッチに対応出来るようにグリフ追加
  • sporkhackやSLASH'EMにも応用できるかもしれないグリフも追加
  • 一部の記号を含み、タイルに置き換えられた幾つかのシンボルを大目に見ればIBMgraphicsも使用可能
  • 素人がいい加減に作成したので綺麗な書体ではないが、我慢できる範囲かも
  • わりと自由なライセンス

フォントのインストールは、xftが認識出来るように$HOME/.fontsなどにコピーするだけです。次に、$HOME/.nethackrcまたは$HOME/.jnethackrcでシンボルを置き換える次の設定を追加します。ただし、この設定はIBMgraphicsとは共存出来ないので、IBMgraphicsを使う場合は設定しないでください。

OPTIONS=eight_bit_tty
OBJECTS= 221 169 219 189 162 168 165 161 191 171 \
175 164 170 224 048 095 044
MONSTERS=225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 \
235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 \
245 246 247 248 249 250 193 194 195 196 \
197 198 199 200 063 202 203 204 205 206 \
207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 \
217 218 192 160 167 166 187 186 254 221
DUNGEON= 032 179 180 181 181 182 182 181 182 181 \
181 181 183 176 177 178 178 035 035 183 \
184 184 188 190 188 190 223 252 220 163 \
251 253 184 253 191 220 176 177 183 224 \
253
TRAPS= 172 172 172 172 174 172 185 172 185 174 \
127 127 201 201 202 222 185 255 185 201 \
222 255
EFFECTS= 124 045 092 047 251 252 060 062 048 035 \
064 042 047 045 092 124 124 092 045 047 \
047 045 092 124 042 124 092 045 047

そして、NetHackをxtermで実行するには例えば以下の様にして起動します。

xterm -fa NetHack -fs 14 -en ISO8859-1 -bg black -fg white -cr red +sl -e nethack &

rxvt-unicodeの場合は以下のようにして起動します。なぜか、UNICODEではなくISO8859-1のコードを表示出来るのでrxvt-unicodeでも使うことが出来ます。 と思ったのですが、やっぱり文字化けしました。

urxvt -fn "xft:NetHack:pixelsize=16" -fb "xft:NetHack:bold" -bg black -fg white -xrm "URxvt*meta8:true" +sb -e nethack &

JNetHackで使うには、前回の記事に書いたUTF-8対応パッチをあててビルドする必要があります。端末はUTF-8で表示できるものなら使用可能と思うので、それぞれ使用する端末の設定を確認して下さい。私の確認した範囲では、rxvt-unicode、mltermとTerminal(xfce-terminal)でこのフォントでJNetHackを使用可能でした。gnome-terminalでも多分問題ないでしょう。

ダウンロード: NetHack_font.zip

関連記事
ラベル:nethack tTy font
posted by rodney at 00:00| Comment(0) | nethack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。